動画クリエーターが選んだ!おすすめの動画編集ソフト5選!

movie-soft

動画を制作したいが編集ソフトは何を使ったら良いかわからない
動画編集ソフトで検索するとたくさん出てきて困る

 

このような疑問はありませんか?

 

ここでは動画編集のプロが選んだ動画編集ソフト5選という事で、初心者の方は必見。
数ある動画編集ソフトのうち、5つを厳選してご紹介。

 

この5つから選んでおけば間違いありません。

 

それでは詳しく解説していきます。最後までお読み頂ければ幸いです。

動画編集ソフトの選び方

動画編集ソフトと言っても、数多くのソフトがあります。

 

その中から一つを選び出すのは困難ですよね。しかも動画編集を初めて行う初心者の人や、今使っているソフトが使い辛くて使いやすいものを探している人にとっては、選ぶだけでも一苦労です。

 

そこで初心者の方の選び方は以下の基準で選んでみてはいかがでしょうか?

  • 最低限の機能のみ(エフェクト、トリミング、BGM挿入、テキスト入力)
  • 直感的な使い方ができる
  • 価格は安い方がいい

以上を基準に、本記事では、プロの動画クリエーターが様々な動画編集ソフトを使ってきた結果、これだと思う5つを厳選してご紹介。

 

まずはこの5つを試して頂ければと思います。

おすすめの動画編集ソフト5選!

近年、アドビ社が高価だったソフトをサブスクリプションで使えるようにしたことに代表されるように、これまで初期費用が高く手を出しにくかった良質なソフトが気軽に使えるようになりました。

 

また、パソコン用やスマホ用、初心者用やプロのクリエーター用などその仕様も様々なものが出ています。

 

特にスマホ用の動画編集ソフトはSNSの登場により、近年、その操作性が直感的になり、目覚しく進化しています。

 

無料ソフトも数多く出てきたため、動画制作に対するハードルはかなり低くなったのではないでしょうか。

 

ここでは数多くある動画編集ソフトのうち、筆者が使用してみて特におすすめできる5つのソフトをご紹介します。

  1. Premiere Pro
  2. PowerDirector
  3. DaVinci Resolve(無料)
  4. InShot(モバイル専用)
  5. CapCut(モバイル専用)

1〜3はPC版。4と5はモバイルアプリでリリースされているソフトになります。

横型のしっかりとした長編動画の制作の場合は1か2がおすすめ。

3は無料で使えるソフトとしては機能が充実していて、「無料版最強」だと思います。

 

一方で4,5はTikTokやInstagramなどの縦型の短尺動画を編集する時におすすめ!

エフェクトやツールが充実しており、簡単に直感的な操作で動画を編集する事が可能です。

では具体的に解説していきます。

 

1.Premiere Pro(Adobe社)

アドビPremiumPro

https://www.adobe.com/jp/products/premiere.html

料金:2,728円/月

 

言わずと知れた、Adobe社の動画編集ソフト。数多くのYouTubeクリエイターからハリウッドの映画制作者が使用しています。映像に関わる多くの人たちから選ばれている動画編集ソフトです。

 

色彩、音、テロップも編集可能でそのバリエーションは実に多彩。トコトン動画のクオリティにこだわりたい方へおすすめ。

 

2.PowerDirector(CyberLink社)

PowerDirector

https://jp.cyberlink.com/products/powerdirector-video-editing-software/features_ja_JP.html

料金:2,180円/月

 

こちらも動画編集ソフトとしては有名。5年連続国内販売シェアNo.1。快適な動作と高度な編集機能を兼ね備えた動画編集ソフトです。 PremiereProと並んで操作感やエフェクトなど機能が充実。

 

筆者としては、PowerDirectorの方がやや使いやすいと感じましたが、こちらは好みの問題かと思います。

 

3.DaVinci Resolve(無料バージョンあり)

DaVinci Resolve

https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/davinciresolve/

料金:無料/月

 

こちらは無料で使えるソフトとしては最強かと筆者は思っています。

もちろんさらに高度な機能を使える有料版がありますが、相当作り込むような動画でない限りは無料版で十分。

 

革命的な新ツールを搭載。編集、カラーコレクション、プロフェッショナルなオーディオ・ポストプロダクションを単一のアプリケーションで実現できます。

 

4.InShot(インショット)

InShot

料金:約117円/月(1,400/年)

 

簡単、直感的な操作で動画を編集するならこちらがおすすめ。

エフェクトやフレームが豊富。SNSシェア機能があり、制作した動画を簡単にSNSにアップロードできる。

 

年間1400円でこの機能が使い放題は格安!商用利用にも可能という事でスマホで動画編集を本格的に行いたい方に最適なアプリと言えるでしょう。

 

5.CapCut(キャップカット)

CupCut

 

料金:無料/月

 

TicTokを運営するバイトダンス社が開発した完全無料の動画編集ソフト。

そのため、TicTokに最適な機能を揃えており、短尺縦長の動画を編集する専用ソフトとして非常に充実した機能を搭載。

 

また、エフェクトやフレームは若者に人気の可愛いものが豊富です。

デメリットを上げるとするならば、商用として使用する事ができないという点。完全無料であるからにはそれなりに理由があるという事ですね。

 

ですが、個人的に楽しむ用やSNS用の動画として編集する分にはベストチョイスと言っても過言ではありません。

 

動画編集をプロに任せたい方へ

 

近年の動画編集ソフトの進化は凄まじいものがあり、誰でも簡単に動画を編集する事が可能です。

動画の作り方を知りたい方はこちら→【採用動画制作】かっこいい採用動画の撮り方、コツ、事例を紹介!(初級編)

 

【採用動画制作】かっこいい採用動画の撮り方、コツ、使用方法などを紹介!(中級編)

 

【上級編】自作も可能!かっこいい採用動画の撮り方、編集のコツ!

 

それでも最初はプロにお願いしたい。もしくは動画制作に関して、相談したいなどがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

弊社は採用動画の制作、運用、掲載の採用動画プラットフォームを運営しております。
採用動画を熟知したプロだからこそ、様々な質問に答えられます。

 

弊社が運営する採用動画プラットフォームは以下のような特徴があります。

 

制作費用をおさえられる理由

  1. 高額な機材を使用しない。使うのはスマホのみ
  2. 撮影にかかる工数の無駄を徹底に排除
  3. 30秒という短尺動画だから費用を圧倒的に抑え、クオリティを担保

 

また「転職エージェントの出身者」が、制作を行うことから、企業・求人の双方からの目線を持ち合わせるため、ベストな動画制作が叶います。

 

さらに、moovyには他にはない、優れた「動画管理機能」もおすすめです。

  • AIによる字幕自動生成機能
  • APIで簡単にHP連携が可能
  • 動画分析機能(人気の動画や視聴率分析が可能)

 

安価で良質な動画制作を行いたい。
採用動画を活用し、他社と差をつけたい。

 

ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

この記事を書いた人
平石 武

1986年生まれ。大阪出身。大学卒業後、タイ・バンコクで日本語教師として活動。帰国後は旅行代理店におけるイベント企画やWebデザイン・マーケティングに従事。現在は、企業PRのための動画コンテンツの企画提案から撮影編集までワンストップで行う。モットーは「動画制作でアイデアを感動価値に変える」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です